×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★坂東三十三観音巡礼記 第三十番 平野山・高蔵寺★



春の青春18きっぷを購入したので、坂東三十三観音めぐりを再開することにしました^^

今回は、いよいよ三十番目となる、平野山・高蔵寺へと向かいます^^




このお寺は用明天皇の時代(586〜587)に、徳義上人がこの山にこもって修行をしていた時、大樹に四寸(12センチほど)の観音像が飛来したのを見て開基されたと言われています。

その後、この観音像は行基が刻んだ観音像(本尊)の中に納められているそうです。


朝7時30分に仕事を終え、JRを乗り継ぐ事2時間。
ようやく、内房線の木更津駅に到着です。

  


ここから10分も歩けば花岡自転車という自転車店があります。
ここで保証金5000円と、レンタル料500円を払ってレンタサイクルを借りました。
ちなみに保証金5000円は戻ってくるので、実質負担は500円です。

  


今回借りたのは、↑の写真の右下に写ってるママチャリ。
坂東のガイドブックには木更津駅からバスで30分、バス亭下車徒歩8分とありますが、このバスの本数がやたら少なく1日5本くらいしかないのです。
それで、今回はレンタサイクルで行ってみようと思いました。

ついでに、近所にある成田山不動院へ。

  


お不動様の御朱印を頂いて・・・

  


ここは上総七福神の弁才天担当なのです。
弁天様の御朱印を頂きました^^

  


さて、再びママチャリを駆って千葉県道23号線(木更津末吉線)をぐんぐん進みます。
木更津駅から、このルートで約10キロ。
ゆるやかな登り坂が続きます。

  


歩道から目にした「かずさアカデミアパーク」。
この裏には矢那川ダムがあります。

  


ゆっくりゆっくり登りながら、周囲の景色を眺めるすがすがしさ。
自分が健康である事や、仕事が充実していること、家族が理解してくれ支えてくれる事など、いろんな幸せの要因があってこそ、今の自分があり、巡礼を通して充実した時間を送れることにずっとありがたみを感じていました。
このように充実した時間を送れる、という事がどれだけ幸せなことか。

いつまで続くかも分からない、限りのある人生だからこそ、一分一秒を無駄にせずに充実した人生を送りたいものです。

1時間近くかけて、坂を登りきってから下界を見下ろしてみました。
なんて広いんでしょう。

  


見えてきました、「高蔵観音」の看板。
期待に胸が高鳴ります。

  

到着しました。
10:15に木更津駅を出発して、11:28分到着。
実に1時間13分の道のりでした。

江戸初期の建築と言われる山門が出迎えてくれます。

  


山門の脇には、戦国時代に植えられたと言われている夫婦杉が輪切りになって飾られています。
昭和58年の台風で折れてしまったのだそうです。残念。

  


こちらも江戸初期に造られたといわれる鐘楼。
お参りの前に、心静かに鐘をつきます。

  


思えば、江戸初期の作ってことは・・・
テレビで見る、大岡越前とか遠山の金さんとか、水戸黄門とか鬼平犯科帳とか・・。この時代には、すでにこの山門も鐘楼もあったって事ですから、歴史の重みを感じずにいられません。

境内には、池で対面する観音様とかえるさんが^^

  


こちらは救済観音。
助けを求める衆生の声を聞き、今まさに立ち上がらんとする珍しいお姿です。

  


こちらが高蔵寺本堂になります。
大永六年(1526年)に再建されたものです。

こちらで読経・合掌^^

  


なんともいえない歴史の重みを感じる本堂外陣。

  


珍しい高床式の重層入母屋造りで床柱数八十八本、床の高さ1.8メートル。
軒下を立って歩くことが出来ます。
 
  


床下には300円で拝観できる日本百観音の写しなどが置かれ、壁には地獄極楽の絵図があるというので入ってみました^^

いろんな仏像はもちろんのこと・・・

  


いわゆる、性器信仰の象徴も・・・w

  


極楽地獄の絵は、なんとなくかわいらしいユーモラスな絵でした。
地獄の迫力が伝わってこなかったのがちょっと残念。

納経所の奥には庭園があり、「クラちゃん」という名前の象の石像がいました^^

  


さて、こちらが高蔵寺の御朱印。
のびやかで達筆な御朱印です^^

  


さて、再び自転車で千葉県道23号線を下ります。
今度は下り坂なので快適快適!!
ほとんどこがずにビュンビュン進む上に、障害物も歩行者も居ないし歩道は広くて舗装はキレイだし、言うこと無いです^^

  


たまに、「動物注意」なんて書かれた標識を見ながら進みました^^
タヌキでもいるのかな?

  


高蔵寺を12:30に出発して、木更津駅には13:17に到着。
行きと違って1時間足らずで到着です^^

さて、おなかもすいてきたので木更津駅でお昼を食べましょう^^
けっこう寒いのであったかい物がいいな、と思ったので・・・

このタンメンを食べることに。
「山盛りのタンメン」。期待が高まります。

 


しかし、出てきたのは「ごくごく普通盛りとしか思えないタンメン」でした。
明らかに写真と違いすぎで、ちょっとガッカリ。

  


でも、冷えた体には心あたたまる一杯でした^^


さて、ラーメン屋を出たら自転車を返し、再度内房線に乗り込みました^^

  


次の目的は富津市の「東京湾観音」
坂東三十三観音とは無関係ですが、高さ56メートルもの巨大な白亜の観音様を、一度見てみたいと思ってました。

佐貫町駅で降り、山道を20分歩きます・・・

  


案外あっけなく見つかりました^^

  


見た瞬間、日の光を反射してキラキラ輝く壮大なお姿に、思わず感動してしまいました^^

大船観音に匹敵する、優しいお顔です。
胸には平和を祈願する宝珠が抱かれています^^

  


拝観料を払い、中の300段を越すらせん階段を登っていくと、観音様の冠の所から外を眺めることが出来ます。
どこまでも続く東京湾と、千葉の里をとても美しく眺められます。

  


いちばんてっぺんには、観音様のお顔が置かれていました。

  


これが東京湾観音の御朱印です。
左側は観音様のお姿です^^

  


ほかにも、小さなミニ観音や、観音チョコなどのお土産を買いました^^

これで、今回の御朱印の旅は終わりです^^

青春18きっぷは11500円。これで5日使えるので、1日2300円以上乗れば元が取れます。

この日は

職場最寄り駅〜木更津 1450円
木更津〜佐貫町     320円
佐貫町〜職場最寄り駅 1890円
------------------------------------
合計         3660円


けっこう元が取れました^^

今回はちょっと寒かったけれど、いろんな思い出も出来てとても充実した旅でした^^

今回も、無事に・楽しく巡礼が出来たことに感謝です^^


はるばると 登りて拝む 高倉や
 富士にうつろう 阿娑婆なるらん


南無大慈大悲観世音大菩薩・・・(−人−)

      
  


トップへもどる