★坂東三十三観音巡礼記 〜結願御礼 その3:旅館花屋〜★


  


〜その2から続く〜


6月1日は善光寺・北向観音・安楽寺と参拝し、疲れたので宿である「旅館花屋」へと向かいました。

  



大正時代から続く、実に由緒ある旅館だそうです。

  



落ち着いた館内。
大正ロマンなロビー。

  



庭園にかかる渡り廊下は、和の情緒たっぷり。

  



渡り廊下から見る庭園。

  



水飲み場かと思いきや、大理石で出来た、源泉の試飲。

  



当館は国の登録有形文化財建造物でございます。

  



雰囲気ある照明。

  



庭園には水車が・・・

  



室内。わざとだろうか、昭和の雰囲気プンプン。

  



残念ながらというか当然ながら、浴場の写真はないですがw、この旅館はお風呂もすばらしいです。(詳しくは公式サイトへ)

イオウの香りがなんともいえない、古きよき温泉の情緒がここにあります。

そして、この旅館の自慢は料理の質。
いろんなサイトでも高い評価を受けていました。


先付:胡麻豆腐・花びら百合根・旨出汁・アボガド・茗荷・わさび

  



前菜:鯛寿司・鶏アスパラ巻・紅白巻なます・杏ゼリー・蛸桜煮・チーズ玉子

  



椀:ほたて湯葉しんじょ・かに身・ほうれん草・冬瓜・椎茸・木の芽

  



鍋:餅豚山菜みぞれ鍋

  



焼物:信州和牛と細切り野菜

  



造り:鮮魚三種盛り

  



揚げ物:山菜てんぷら

  



煮物:竹の子・鮎・魚子・蕗・桜ふ・木の芽

  



別注:鯉こく

  



止:竹の子ごはん・信州味噌の味噌汁 

  



止:香の物

  



水物:フルーツゼリー寄せ・桜餅

  



もぅ、おなかいっぱいです!!

食前、食後に露天風呂や大浴場、展望風呂などを楽しみ、その日はぐっすりと就寝。
翌日は早めに起きて、朝風呂を堪能してから朝食へ。

朝は写真を撮り忘れましたが、鮎の甘露煮や出汁巻き卵、湯豆腐などがたくさん出て、おいしい朝食をお腹いっぱい食べました^^

お腹も心も満たされ、すっかり復活して元気になり、チェックアウト。

2日目もお天気です^^

  



この日は、別所温泉を少しだけ観光してから、横浜へ帰ります^^


〜つづく〜


     



トップへもどる