御朱印とは?このサイトのトップへ

◆御朱印とは?
◆御朱印あれこれ
◆御朱印の頂き方
◆御朱印を頂くときの注意点
◆応用編:霊場巡り

◆頂いた御朱印はどうするの??
   
◆御朱印とは?

皆様、御朱印ってご存知ですか・・・??

お寺や神社に行き、お坊様や神職様にお願いすると、御朱印帳という帳面にお寺や神社の「御宝印」というハンコを押し、日付やご本尊様のお名前、お寺や神社の名前を書いてくださいます。

(ただし、浄土真宗のお寺では偶像崇拝を禁じているので頂くことが出来ません)

単に記念としてだけではなく、そのお寺のご本尊様や神社の神様の分身とされ、とてもありがたいものです。

簡単に言えば、色んなお寺や神社のお守りを自分の帳面にズラリと書いて頂く、ということです。

これは昔、お経を書き写す「写経」をし、そのお経をお寺や神社の御仏前や御神前で読み上げる「読経」をして、さらにお寺や神社に写経を納めた証として頂けたものです。

今では時代とともにお経を納めなくても頂ける場合が多くなりました。


▲このページのトップへ▲
   
◆御朱印あれこれ

御朱印には色々なものがあります。
だいたいのお寺や神社で頂くことができ、お寺や神社の数、さらに書く人の数だけ御朱印があります。
ひとつひとつ手作業で書かれ、決して二度と同じものを頂くことはできません。

ネットでたくさんの御朱印が紹介されており、それを見て行くと、書き手が変わっていて違う感じの御朱印を頂く、なんてこともしばしばです。

ここでは、そんな数多い御朱印の中から一例を紹介します。


御朱印の一例(お寺)
神奈川・安国論寺 長野・善光寺 群馬・達磨寺 千葉・新勝寺


御朱印の一例(神社)
神奈川・鶴岡八幡宮 茨城・笠間稲荷神社 静岡・三嶋大社 東京・靖国神社


画像は縮小してありますが、こんな感じのものです。
書き方や書く内容は、そのお寺や神社によってさまざまです。

・・・どうです、なかなか素晴らしいでしょう^^?
古都の鎌倉や京都・奈良に観光した記念としても、自分を見つめなおす修行としても最高です。


▲このページのトップへ▲
   
◆御朱印の頂き方


では、こんなステキな御朱印は、いったいどうやったらいただけるのでしょうか。
ここからいよいよ実践編です。

まず、必要なものはこれだけです。

 ★小銭(100円玉、10円玉など)
 ★御朱印帳
 ★写経(ごく一部のお寺では必要)


1、御朱印帳を持参して神社仏閣に行く
まずはここから。
御朱印帳は大きな文房具店でも800〜1000円くらいから売られていますが、神社やお寺によっては色とりどりのオリジナルのものを販売しているところもあります。
ここで注意すべきことは、普通のノートではダメなこと。
御朱印帳は和紙なので墨の乾きがいいですが、ノートは洋紙なので墨をはじいてしまい、乾きが悪いです。
なによりお寺・神社の方、仏様や神様に失礼です。
御朱印帳でないと御朱印を断られることも多いです。

2、手水で身を清め、心を込めてお参りする。
手水で身を清めてから、神社・仏閣にお参りします。神社では二礼二拍手一礼が基本。
お寺では拍手(正式にはカシワデと読みます)はせず、手と手を合わせる合掌で心静かにお祈りします。
家内安全・交通安全など好きなお願い事をしましょう。
お寺の場合、お経を唱えたりするとより本格的ですが、慣れてからでもよいでしょう。

3、御朱印をいただく
大きなお寺や神社では、だいたいお守り売店や入り口に「御朱印所」があります。
小さな神社や、観光スポットではないお寺などは社務所や庫裏(くり=お寺の方の住居)にて頂く事になります。
御朱印所がある所ならいいですが、それがない所では社務所や庫裏の玄関でピンポ〜〜ンと呼び鈴を押します。
そこで「御朱印をお願いできませんか」と丁寧にお願いすれば、だいたいいただけます。
たまに、書ける人が留守であるとか、法事で忙しかったりして断られますが、その時は縁がなかったと思ってあきらめましょう。
基本的に法事の時やお昼時は避けるのがマナーです。

4、代金を払う
どの場合もだいたい300円が相場です。
中には辞退される場合もありますが、その場合は「お気持ちとしてお賽銭に入れておきます」と一言申し添えてお賽銭に入れるのもよいでしょう。
お寺ではこの時に、予め写経したお経を納めると、明らかに対応が良くなります(爆)

5、御礼を言う
忘れないようにしましょう。


▲このページのトップへ▲
   
◆御朱印を頂くときの注意点

御朱印を頂くというのは、とても崇高な趣味だと思います。
しかし、本来は厳粛な信仰の場でもあるのです。
それを踏まえ、いくつか注意すべき点を揚げておきたいと思います。

1、必ずお参りをする
お参りもせず、神仏に手を合わせもせず御朱印だけ頂いて帰る方も多いようです。
最低限お参りはしましょう。御朱印はスタンプラリーではありません。

2、多忙時は避ける
明らかに法事中や、結婚式の最中、お昼時は避けましょう。

3、浄土真宗のお寺ではいただけません
ごくまれな例外を除き、通常は浄土真宗のお寺では偶像崇拝を禁止しているので御朱印はいただけません。

4、小銭を用意しましょう
御朱印300円に一万円札など出さないように。

5、御朱印帳を用意しましょう
メモ帳やチラシの裏はもちろん、普通の大学ノートなども禁止です。
必ず専用の御朱印帳を用意しましょう。

6、出来れば納経しましょう
本来、御朱印はお寺に写経を納めて頂いたものです。今では簡略化され、小額の代金でいただけますがたまには写経を納めるのもよいものです。

7、ケンカ腰にならないように
大変残念ですが、たまにお寺や神社の方の冷たい対応にガッカリさせられる事もあります。中には宗教家にあるまじき、という方を見受けることもあります。
そのような時でもケンカは避けましょう。御朱印を集める、というのは修行の場であると割り切りましょう。



▲このページのトップへ▲
   
◆応用編:霊場巡り

ただ色々なお寺や神社を巡ってランダムに御朱印を集めるのもよいですが、日本には古来より霊場巡りという文化があります。
観音様やお地蔵様、弘法大師や七福神など自分が信仰する仏さまのいらっしゃるお寺を巡り、その仏様の御朱印を集めていくというもので、有名なものに四国八十八箇所霊場、坂東三十三観音霊場、西国三十三観音霊場などがあります。

これらは専用の御朱印帳が用意されていたり、掛け軸や額に御朱印を頂いて部屋に飾る、なんて事もできます。

その一礼として、みうけんの巡ったものを紹介します。

1、横浜七福神
横浜市港北区に点在する七福神。毎年のお正月に、多くの参拝客がが訪れます。

 


このような「七福神巡り」は、全国にたくさんあります。
横浜だけでも瀬谷、港北、金沢などがあるし、鎌倉や三浦などにもあります。
これは最初に色紙を買い、七福神を巡りながら御朱印を頂くものです。
手軽に出来るので特に人気があります。


2、坂東三十三観音
関東地方に点在する三十三箇所の観音様です。
巡礼に一年かかりました。巡礼記は「坂東三十三観音巡礼記」で公開しています。

御朱印帳の他に、額にも御朱印を頂きました。
現在、我が家の家宝として居間に飾っています。




このほかにも、全国には大小・有名無名、さまざまな霊場が存在します。
最近では韓国や台湾でも三十三観音霊場が開基されています。



▲このページのトップへ▲
   
◆頂いた御朱印はどうするの?

御朱印を頂いたら、どのように保管すればよいのでしょうか。

1、仏壇や神棚、清浄な場所に安置する
仏壇や神棚がある場合、はそちらに。
もしなければ、本棚やタンスの最上段などにしまうとよいでしょう。
御朱印は神仏の分身です。なるべく高く、清浄な場所に安置しましょう。

2、死後は極楽浄土へのパスポート
まだ誰も見た事のない死後の世界。(ごく一部の芸能人が死後体験などを発表していますがw)
死後、十人の王に裁かれ、最後は閻魔大王によって極楽浄土と地獄、どちらに送られるかを裁かれるとされています。
その時に、この御朱印帳を見せましょう。これは、生前にあなたが積み重ねてきたまぎれもない修行のあかし。
その功徳を閻魔大王がお認めになり、極楽浄土へ送ってくださるかもしれません。
死後は棺桶に入れて、冥途の世界へもっていきましょう。


▲このページのトップへ▲

納経はしなくても、手軽に始められる御朱印アート。

やはり、色んなお寺にいって心のリフレッシュもできるし、最高の記念にもなります

さぁ、あなたも初めてみませんか。