★坐摩神社★


今回の全国一の宮めぐり。
今回の舞台は大阪府大阪市の坐摩神社(いかすりじんじゃ)でございます^^


  
  大きな地図で見る


坐摩神社(いかすりじんじゃ)は通称「ざまじんじゃ」とも呼ばれています。
場所は大阪市中心部のオフィス街のど真ん中にあり、高層ビルに囲まれるように鎮座していますが、平安時代の「延喜式」にはすでに西成郡の大社と記されるほどに歴史が古く、朱雀天皇の御代、天慶二年(939)以来より雨乞いの神社とされ信仰されてきたといいます。

境内には繊維神社、陶器神社など大阪の卸商人の信仰を集めた神社も鎮座し、朝早くから近くで働く人々が参拝に訪れにぎやかな神社です。

今回は職場の社員旅行で大阪に行くついでに参拝しました^^
夕方、新横浜を出発する新幹線で大阪に向かいます。新幹線の中でいきなり焼酎や缶ビールを空けての宴会が始まります^^;

  


いい感じに酔ったところで、大阪に到着。
目的の串揚げ屋に徒歩で移動です。ここが今回の宴会の場、「串かつじゃんじゃん」

  


串揚げは最初の2〜3本はうまいのですが、ずっと揚げ物は三十路にはちょっとキツかったですね^^;;
それでも結構な盛り上がりを見せました。

  


宴会は終了し、夜の街に繰り出すグル―プや、パチンコに行くグループ、ホテルで寝るグループに分かれて解散=旅行終了。
自分はラーメンを食べてからホテルで寝て、翌日に備えました^^

  


翌朝、7時半ごろにホテルをチェックアウト。
ホテル前にある太融寺に向かいました。

  


このお寺は都会の真ん中にありながら、なかなか広い敷地を誇っています。
色んな札所にも指定されているようです。

  


なかなか趣のある境内。使い込まれたつくばいがステキ。

  


ここには、豊臣秀吉の側室として権勢をふるった淀殿の墓もあります。歴史好きには聖地となっています。

  


その裏にある一願不動明王への入り口。ここをくぐると・・・

  


荘厳な雰囲気の奥にたたずむ不動明王。たくさんの人が一生懸命お参りし、今なお多くの人々の信仰を集めているようです。

  


こちらが太融寺の本堂。写真に撮ると普通ですが実際に見るととても大きくて立派です。

  


  御朱印所で頂いた太融寺の御朱印。本尊の千手観世音と一願不動明王です^^

    


さて、太融寺を後にして地下鉄に乗り、今回の目的地「坐摩神社」へ。
地下鉄の駅から徒歩5分という手軽さです。

  


こぢんまりとしながらも秀麗な本堂。ここで二礼二拍手一拝です^^

  


境内はすっかり秋模様^^ 思わぬ紅葉狩りにホッコリ^^

  


境内にある「陶器神社」。陶器卸の人びとが信仰してきたそうです。
この時は知らなかったのですが、後で調べたら陶器神社の御朱印も頂けるそうな。

  


御朱印所で頂いた、坐摩神社の御朱印^^ スッキリとしていながらも力強い御朱印でお気に入りです^^

  


今回の行程は、これにて終わり。
9時すぎの新幹線で横浜へと帰宅したのでした。

新幹線を使っての旅行ながら、大阪での行動時間は5時間くらい。次回はもうちょっとゆっくりとした旅行をしたいものですね^^