×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★伊射波神社★


全国一の宮巡り、今回は三重県の伊射波神社(いざわじんじゃ)です。
こちらは毎年恒例のお伊勢参りの際に立ち寄りました。

横浜から東名高速を飛ばすこと6時間。
当初は伊勢湾フェリーを利用するはずが、強風で欠航とのことでまた知多半島を戻り、高速で名古屋市内を通過して伊勢神宮に達しました。
さすがに運転疲れた・・・^^;


  
大きな地図で見る


途中、鳥羽に立ち寄って会社の上司、Sさんから教わった「漣 鳥羽店」にて巨大エビフライの定食を堪能・・・・^^
ここのエビフライは2回目ですが、さくさくプリップリで旨し!!

  


食後の運動という事で、近くの鳥羽城跡を訪問。ここは戦国時代に豊臣秀吉の配下となった「九鬼水軍」の本拠となり、泰平の江戸時代は鳥羽藩の藩庁も置かれたお城だそうで、広々とした曲輪(くるわ)から眺める鳥羽の街並みが素敵です^^

  


本丸から眺める鳥羽港。右手の橋を渡るとミキモト真珠島に行くことが出来ます。

  


よく見てみると天守台の石垣もしっかり残っています^^
 
  


鳥羽城跡を後にし、いよいよ伊射波神社へ。
この神社は駐車場が「あり」となっていますが、どこなんだかよくわからない。
他のブログではこちらの「安楽島舞台」前に停めている人もいましたが、いざ行ってみると駐車禁止となっていてバスも転回に使っているもよう・・・
ただ、「伊射波神社駐車場」の小さな矢印看板があったので、それを頼りに車で行けるところまで行ってみようかと、「伝法院」わきの小道を入っていき・・・

  


看板がかめや旧館の裏手(地図)に駐車場を指示していたので、こちらに入ってみましたが・・・本当にココでいいのか??
しかし、この先は車で行けるような道ではないという情報もあったし、強行すると引き返せなくなりそうでちょっと怖い。
 
まぁ、かめや旧館にもまったく人気はないし、駐車場もガラガラだったので・・・ ちょっと隅っこをお借りしました^^;;
もしかめやさんの駐車場だったとしたら、かめやさん、ごめんなさい!!
 (皆様は自己責任でお願いします。停める際はかめやさんにお声かけをした方が良いかもしれません)

  


車を停め、あとは徒歩で道なき道を突き進みます。

  


途中、要所要所に申し訳程度の道しるべが置かれています。
 
  


途中、綺麗な砂浜にたどり着きます(地図)
綺麗な石がたくさん落ちていますが、ここの石を持ち帰ると腹痛になるそうなので気を付けましょう^^;

  


ようやく、一ノ鳥居に到着!!(地図)
この状態で、海に背を向けて撮影しています。なので、この鳥居は海を向いて建っている事になります。
  
  


さらに、この鳥居からしばらく坂を登って行きます。足場も悪く、本当に歩きにくい。
雨の後などはぬかるんでいるので注意が必要です。

  


二ノ鳥居に到着。
さらに、この奥に神社があります。

  


ようやく到着!!(地図)
建物じたいはプレハブちっくな簡素なものでした。

  


中は誰もおらず、ガランとしています。
  
  


神主さんは、当然といえば当然ながらここにはいません。こちらに置かれている地図を頼りに、神主さんの家に向かいます。

  


車で5分、神主さんの御自宅に到着!!(地図)
訪問して御朱印を頂くには電話での事前予約が必要です。電話番号はこちらを参照。
海岸沿いの道の隅に車を停めて訪問し、御朱印を頂きました^^^
  
  


伊射波神社の御朱印です^^

  


これで本日の目標は達成!!
鳥羽シーサイドホテルに宿を取ります^^

  


広くて綺麗な室内^^

  


眺めの良いお部屋!!

  


夕飯は海鮮バイキング!! 海の幸をこれでもかと堪能しました^^

  


翌日は、日本神話で有名な「天の岩戸」へ。天の岩戸は日本全国にありますが、ここもそのうちのひとつです。

  


駐車場に車を停め、しばし森林浴を楽しみつつ天岩戸を目指します。

  


到着!! 思ったより小さくてビックリ^^;;

  


しかし、ある一定の信仰は集めているようで、この日も地元の方々によりお祭りが執り行われておりました。

  


その後、日本の神社の最頂点・伊勢神宮を参拝。

  


やはり、ここは賑わっていますね。日本人の信仰心もまだまだ捨てたもんじゃないなと思う。

  


伊勢神宮参拝の後は「おかげ横丁」を散策。江戸情緒ある街並みはいつ行ってもステキですね^^

  


最後の食事は、再度鳥羽に戻って七福茶屋にて伊勢うどんと手ごね寿司を堪能。
柔らかくプニプニな麺が好き^^

  

美味しいもの、素敵な景色をたくさん堪能しての一之宮巡りでした^^
やはり、一之宮巡りは若いうちに行くべきだと実感させられる旅となりました^^