×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★大麻比古神社★


全国一の宮巡り、今回は2ヶ所となります。まず一日目は、徳島県鳴門市の大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)。

  
  大きな地図で見る   

この神社はもともと四国八十八か所霊場第一番の霊山寺と一体であったとされる。
駐車場は広くて停めやすく、また駐車場から本殿まで平面で段差も少ないのでお年寄りにもお参りがしやすい神社といえよう。

羽田空港を朝早く出発^^
日航のマイルがたまっていたので、そちらを利用しました^^ なので飛行機代はタダ!!

  


離陸の際は眼下に横浜が見えました。横浜とのしばしのお別れかと思うと少し寂しい感じがします。
離陸後1時間くらいで徳島空港に到着。徳島空港の前では阿波踊りの銅像が出迎えてくれます^^ 他にも至る所に阿波踊りが飾られており、トイレの入り口の男性用・女性用の看板まで阿波踊りになっていたりするのが驚きです。

  


徳島空港前のタイムズ・連打カーでレンタカーを御借り上げ。2日間でちょうど1万円という安さがよい^^
旅行中の移動ならば軽で十分だし、何しろ小回りが利くのが良い^^

  


徳島空港からは車で30分もあれば、今回の目的地・大麻比古神社に到着します。
こちらは駐車場からの入り口で、本来の入り口は別にあります。こちらの神社はとにかく駐車場が広い!!
横浜ではまず考えられません。横浜で一番大きな神社ですら25台の駐車場(それでも声を上げるほど広い)ですが、こちらの駐車場は1000台停められるそうです。

  


さっそく境内に入りますか^^

  


こちらは樹齢1千年を越えるという大クスノキ。
鳴門市の天然記念物として指定され、御神木として崇められています。

  


壮麗な本殿は青空に映える美しさがあります^^ こちらで二礼二拍手一拝。

  


御朱印を頂きました^^ 縦の線が美しい、お手本のような御朱印です^^

  


さて、ここで本殿の裏に周ると小さな石の橋があります。これは通称ドイツ橋と呼ばれています。

  


第一次世界大戦中、捕虜としてこの地に収容されていたドイツ兵その数1000人近く。
当時、捕虜というのは決して紳士的な扱いを受けるものではなかったといいます。そんな時代において、徳島の人たちは言葉も通じないドイツ兵に優しく丁寧に接し、友好を深めたという。
その感謝の気持ちとして、ドイツ兵が帰国の際に記念に築いていったのがこのドイツ橋で、祖国ドイツの高度な土木技術がふんだんに使われているのだそうです^^
このような歴史は、もっともっと後世に語り継いでいきたいものですね。


さて、大麻比古神社の参拝を終えて車を10分も走らせれば、四国八十八か所霊場の第一番・霊山寺に到着します^^

  


いったい・・・^^:

  


四国八十八か所は坂東三十三観音と比べずいぶん本格的な人が多かったように感じます。
自分も結局坂東三十三観音は普通の服で巡りましたが、こちらの霊場ではほぼ全員の方が白装束に輪袈裟に杖に笠という本格派でした。
お経をあげる際も携帯用木魚など持参されていたのにはびっくりです。

それでも、これらのグッズはすべてこのお寺で揃うんですね。自分もいつかは四国八十八か所を歩いて巡ってみたいものです。

  


境内の多宝塔が一層見事です。応永年間(1394〜1428)の建造で、五智如来像が祀られているといいます。

  


霊山寺の御朱印を頂きました^^
今回は通常の御朱印帳に頂きましたが、四国八十八か所の専用御朱印帳には水墨画やお寺の由来が書かれていて、どれも立派でした^^

  


そのまま車を5分ほど走らせ、四国八十八か所霊場の第二番・極楽寺へと向かいました^^
ここはお寺とお寺が近いので、歩いている白装束の人が多かったです。門の左にレンタカーを停めました^^

  


こちらは庭園が見事なお寺。思わずパチリ。

  


境内に置かれたお地蔵様があまりにもダンディーです。なんでこんなにリアルなんだろう?

  


ここから長い階段を上がって本堂にたどり着きます。今まで何人の人がこの階段を踏みしめた事でしょう。

  


本堂の前にうやうやしく飾られたお地蔵さま。
願い事をしながらこのお地蔵様を抱き上げ、軽く感じたら願い事がかなうんだそうで。地元の方(?)が親切に教えて下さいました。

  


お参りを済ませ、極楽寺の御朱印を頂戴しました^^ こちらの御朱印所も売店をかねており、いろいろなお菓子や巡礼グッズが売られていて楽しかったですね^^

  


ここでお腹もすいたことですし^^ 食べログでいろいろ検索すると、徳島ラーメンの「王王軒」というお店が評価が高いようですので行ってまいりました。
こってりトロトロなスープにガッツリと肉、たまごが入り、しなちくともやしがいい感じを出しています。お昼時というのもあってけっこう賑わっていました。

  


さて、これで大方の目的は達成できましたので。
少し徳島を観光しようと思い立ち、車を走らせて眉山(びざん)の頂上へ。ロープウェイもありますが、山頂駅まで車で行くこともできます。
徳島市を代表する町のシンボルなんだそうで、多くの学校の校歌に登場するばかりか「眉山」という映画まで作られてしまったといいます。

  


眉山山頂から眺める徳島市街の光景。夜に来ると夜景がキレイだそうですよ。デートスポットにもなっていて、二人の愛を誓った錠前を付ける場所もちゃんと整備されていました。右下の鉄塔のようなものはロープウェイの鉄柱です。

  


眉山から車で15分ほど、ぐるりと山を回り込むように下山すると、「徳島阿波おどり会館」が見えてきます。
ここでは500円で阿波踊りを堪能できるオトクな施設。近隣にはコインパーキングも多いので安心です^^

  


客席の最前列に陣取り、じっくりと阿波踊りを堪能しました^^

  


たっぷりと徳島を体感し、今夜の宿は徳島東急イン。
広々として綺麗なお部屋なんですが、お風呂は何故か小さなアパートにあるようなユニットバス。
その代り、このベッドの寝心地はとてつもなく良いです。

  


荷物を置き、ホテルで少し休憩してからは徳島駅前を散策し、夕飯は食べログで評価が高かった「活魚水産 新町店」へ。
ここの地魚盛りは少々値が張りますが、コリコリプリプリで最高でした^^ 地鶏の雑炊もダシが効いていて最高!!

  


デザートには近所のコンビニで買ったバナナアイスキャンデー^^ 昭和の味がしてほんのりと美味しかったです^^

  


この日はゆっくりと休み、翌日の旅へ向けて疲れを癒したのでした・・・^^

 
旅行2日目(伊弉諾神社)へつづく・・・・