×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★諏訪大社 第一回目★


全国一の宮巡り、今回は長野県の諏訪大社(すわたいしゃ)です。
こちらは4箇所の御朱印があり、「上社 本宮」「上社 前宮」、「下社 春宮」「下社 秋宮」と別れているので注意が必要です。


こちらの神社は言わずと知れた長野県の一之宮であり、七年に一度、大々的に開催される御柱祭は世界的にも有名なお祭りです。


  



今回は夏に入ったばかりの7月。よく雨の降る日に夜のうちから高速を走り、中央自動車道を抜けて長野県に入りました。
横浜から中央自動車道に抜けるには、保土ヶ谷バイパスから国道16号を抜けて八王子ICから乗るのですが、とにかくこの国道16号は大渋滞の名所として有名です。なので、我が家は中央自動車道へ行く際は夜中に出発し、空いている時間帯に国道16号を抜けることにしています。


さて、そんなこんなで長野県の諏訪湖SAに到着。

  


霧の中に浮かぶ諏訪湖は幻想的です。

  


諏訪湖SA(下り線)名物、さくら丼を堪能、いわゆる馬刺し丼ですが、とろける美味しさに大満足!!
アメリカ人が見たら発狂しそうですね^^;;

  


岡谷ICで降り、車で30分も走れば到着。こちらは「下社 春宮」です。

  


参道の奥に、立派な注連縄の本殿。こちらで二礼二拍手一拝。

  


雨が降っている事もあり、人影がまばらですね。

  


諏訪大社・下社 春宮の御朱印です。

  


さて、こちらからまた車を走らせ、もう一か所の目的地である「上社 本宮」へ向かいました。
こちらは一際大きく、迫力があります。

  


あいにくの雨ですが、立派な本殿にしばし見入りました。

  


静かな境内ですが晴れた日はそれなりに混雑するのだろうか。

  


渡り廊下って、なんか好きです。

  


神社でよく見かける、戦時中の砲弾。
戦前回帰と騒がれ撤去される例もあるようですが、このような物も過去の記録として残していって欲しいものです。
一度失ったものは二度とは帰ってこないのですから。

  


もう一度、本殿に拝礼。
ここでは写っていませんが、神社の四隅には御柱が立てられて結界を張っているのが印象的です。
道端の小さな祠などにも小さな御柱が立てられていて、地元の方々の諏訪大社と御柱に対する愛情を感じます。

  


御朱印を頂きました。
御朱印所では御柱を切り取った物に「竜神」などいろんな文字を書いたものを売っていました。
地元ではお守りとして飾るんだそうです。

  


帰りは富士五湖道路を通り東名に出たので、鮎沢PAの上り線・スナックコーナーにてアジフライ定食の夕飯を頂きました^^

  



今回も美味しく、楽しいドライブ旅行となったのでした。
諏訪大社は残り二か所、いつの日か訪問したいと思います。