★神奈川県横浜市★このサイトのトップへ

青葉区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港北区 港南区 栄区 

戸塚区 鶴見区 中区 西区 保土ヶ谷区 緑区 南区
▼青葉区
恩田薬師堂

  
住所:青葉区恩田町2169

一言:東急こどもの国線恩田駅前にぽつんとある無人の薬師堂。かつては「瑠璃山本願院医王寺」という立派なお寺であったが明治の頃に廃寺となり、薬師堂だけが残っている。
現在は恩田駅前の徳恩寺と近隣の方々により管理されており、横浜市指定古木のムクロジは必見である。
御朱印は徳恩寺の寺務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
松岳院

  
住所:青葉区奈良町2-4-6

一言:武相観音霊場の第三番。青梅の天寧院の末寺として16世紀に開基。奈良村の中心寺院として、もともと広大な寺領を持っていたが宅地開発の波に押され分譲され、今はこぢんまりとしたお寺になっている。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
盛圓寺

  
住所:青葉区すみよし台31-8

一言:正応四年(1291年)創立、日蓮宗寺院もともとは日蓮宗信者の修行道場として建立された。高台から町内を見下ろす清々しい場所に建っている。
御朱印は庫裡で頂いた。

http://www.jyoenji.jp/

▲このページのTOPへ▲
徳恩寺(本尊:虚空蔵菩薩)

  
住所:青葉区恩田町1892

一言:東急こどもの国線恩田駅前にぽつんとある古刹。起源は十世紀頃までさかのぼる。こちらの御住職は志高い方で、四才の頃より積極的に寿町での慈善活動もされておられるとの事。
本尊の虚空蔵菩薩は室町期の作と伝えられており、横浜虚空蔵尊として地域で親しまれている。
御朱印は寺務所で頂いた。

http://www.tokuonji.jp/

▲このページのTOPへ▲
徳恩寺(聖観世音菩薩)

  
住所:青葉区恩田町1892

一言:東急こどもの国線恩田駅前にぽつんとある古刹。起源は十世紀頃までさかのぼる。こちらの御住職は志高い方で、四才の頃より積極的に寿町での慈善活動もされておられるとの事。
本尊の虚空蔵菩薩は室町期の作と伝えられており、横浜虚空蔵尊として地域で親しまれている。
御朱印は寺務所で頂いた。

http://www.tokuonji.jp/

▲このページのTOPへ▲
▼泉区
中田寺

  
住所:泉区中田北2-11-41

一言:浄土宗。「ちゅうでんじ」と読む。江戸時代初期頃の開山とされており、明治期には17代住職香川法隆承認は不況のどん底にあった中田村民を叱咤激励し経済復興のきっかけを作った。
現在は地域に親しまれる檀家寺で大きな駐車場もあり駅からも近く参拝しやすい。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
無量寺

  
住所:泉区上飯田町1112

一言:大山詣での参拝者が歩いた大山道沿いにあり、道しるべを兼ねた名号碑やイチョウの古木がある。少し南方には今なお往時の面影を残す大山道沿いに石仏が残る。
門前の駐車場に入るには長後街道側(床屋の脇道)から入ると途中と道が狭くなり引き返せなくなる。(しかも引き返せなくなる頃に「この先、道幅狭し」の看板がある)
必ず35.417622,139.480123(Googleマップ座標)の位置から入るようにすること。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
▼磯子区
阿弥陀寺

  
住所:磯子区峰町560

一言:洋光台駅より徒歩30分。横浜市を見下ろす円海山の裾野にある。梅やアジサイなどの花に囲まれた風光明媚な檀家寺で、本尊の阿弥陀様は室町時代に戦で行方不明になったものの農夫の鍬の先に当たって発見され、鍬の跡が着いた事から鍬形本尊と呼ばれているという。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
大聖院

  
住所:磯子区根岸東町6-21

一言:根岸駅より徒歩5分。正式には「根岸山 覚王寺 大聖院」と号する。南区の宝生寺の僧が天文五年(1536)に開基したという。
幕末期には寺子屋となり、明治期には根岸小学校の前身となる「志敬学舎」が設置されるなど、地元に溶け込んだ檀家寺である。

御朱印からも分かるように色々な霊場の札所になっているが、現在は詳しいことは分からないとのこと。左上の印は「横浜市内弘法大師二十一所霊場」(廃絶)、右下の印は「横浜市内三十三観音霊場」(廃絶)のものだろうか?
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

大聖院(弘法大師 御影)

  
住所:磯子区根岸東町6-21

一言:根岸駅より徒歩5分。正式には「根岸山 覚王寺 大聖院」と号する。南区の宝生寺の僧が天文五年(1536)に開基したという。
幕末期には寺子屋となり、明治期には根岸小学校の前身となる「志敬学舎」が設置されるなど、地元に溶け込んだ檀家寺である。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

大聖院(御本尊 阿弥陀如来 御影)

  
住所:磯子区根岸東町6-21

一言:根岸駅より徒歩5分。正式には「根岸山 覚王寺 大聖院」と号する。南区の宝生寺の僧が天文五年(1536)に開基したという。
幕末期には寺子屋となり、明治期には根岸小学校の前身となる「志敬学舎」が設置されるなど、地元に溶け込んだ檀家寺である。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼神奈川区
大網金比羅神社

  
住所:神奈川区台町7-34

一言:横浜駅より徒歩5分の神社。少し目立たない場所にある。社殿は崖崩れで崩壊し、現在は仮の神殿となっている。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.yokohamakonpira.jp/index.html


▲このページのTOPへ▲

高島台 本覚寺
本覚寺

  
住所:神奈川区高島台1−2

一言:横浜駅から歩ける大都会にありながら、閑静な檀家寺。
横浜開港史跡・アメリカ領事館跡。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

薬王寺

  
住所:神奈川区七島町6

一言:京急新子安駅徒歩5分。東国一七番札所。江戸初期にはこの地で信仰を集めており、現在は地域で愛される檀家寺となっている。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

薬王寺(御影)

  
住所:神奈川区七島町6

一言:京急新子安駅徒歩5分。江戸初期にはこの地で信仰を集めており、現在は地域で愛される檀家寺となっている。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼金沢区
安立寺

  
住所:金沢区町屋町7-4

一言:一見して地味なお寺のようだが、創建は鎌倉時代の文応元年頃(ちょうど日蓮上人が「立正安国論」を完成させた頃)という古刹である。
本堂には日常上人が日蓮の姿を彫刻し、日蓮自ら開眼した「感応の祖師像」が祀られており、 境内の古木のクロマツも必見。
御朱印は庫裡で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

富岡東四丁目 慶珊寺
慶珊寺

  
住所:金沢区富岡東4丁目1−8

一言:金沢区の住宅地に位置する、檀家寺。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

金沢 称名寺
称名寺

  
住所:金沢区金沢町212−1

一言:横浜市では有名で、観光名所でもある。
御朱印所にて頂いた。



▲このページのTOPへ▲

瀬戸神社

  
住所:金沢区瀬戸212−1

一言:かつては入り組んだ入り江「せと」と呼ばれた地で、海流が穢れを祓い清めるので神をまつったのが始まりとされている。古く古墳時代には祭祀が行われ、源頼朝が正式に三嶋大社の御分身を勧請したとされる。以降、北条・足利・徳川などの大家が篤く信仰してきた。
御朱印は社務所にて頂いた。


http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/

▲このページのTOPへ▲

瀬戸神社(弁財天)

  
住所:金沢区瀬戸212−1

一言:かつては入り組んだ入り江「せと」と呼ばれた地で、海流が穢れを祓い清めるので神をまつったのが始まりとされている。古く古墳時代には祭祀が行われ、源頼朝が正式に三嶋大社の御分身を勧請したとされる。以降、北条・足利・徳川などの大家が篤く信仰してきた。
御朱印は社務所にて頂いた。


http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/

▲このページのTOPへ▲

野島町 染王寺
染王寺

  
住所:金沢区野島町5−1

一言:金沢区の海沿い、野島の中心に位置する檀家寺。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

伝心寺(本尊 釈迦牟尼仏)

  
住所:金沢区町屋町16-28

一言:大永元年(1521)小田原の北条氏繁が養拙宗牧(ようせつしゅぼく)大和尚を招き開山し、墓地中央には氏繁の墓碑がある。
延宝四年(1676)、この寺の伝海という若僧が海上安全を願って入定、即身仏となった。この入定塚は海の公園駅近くに現存する。
現在は地域の檀那寺であるが、堂々とした風格を備えた立派な伽藍をもつ。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

伝心寺(毘沙門天)

  
住所:金沢区町屋町16-28

一言:大永元年(1521)小田原の北条氏繁が養拙宗牧(ようせつしゅぼく)大和尚を招き開山し、墓地中央には氏繁の墓碑がある。
延宝四年(1676)、この寺の伝海という若僧が海上安全を願って入定、即身仏となった。この入定塚は海の公園駅近くに現存する。
現在は地域の檀那寺であるが、堂々とした風格を備えた立派な伽藍をもつ。
御朱印は庫裡で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

伝心寺(記念のしおり)

  
住所:金沢区町屋町16-28

一言:大永元年(1521)小田原の北条氏繁が養拙宗牧(ようせつしゅぼく)大和尚を招き開山し、墓地中央には氏繁の墓碑がある。
延宝四年(1676)、この寺の伝海という若僧が海上安全を願って入定、即身仏となった。この入定塚は海の公園駅近くに現存する。
現在は地域の檀那寺であるが、堂々とした風格を備えた立派な伽藍をもつ。
しおりはお守りにもなっており、記念として御朱印と共に頂いた。。


▲このページのTOPへ▲

富岡東四丁目 富岡八幡宮
富岡八幡宮

  
住所:金沢区富岡東4丁目5−41

一言:金沢区総鎮守。
2ページ使う御朱印である。
(左の画像をクリックすれば、2ページ分のサイズで開きます)
御朱印所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

富岡東三丁目 長昌寺 芋観音
長昌寺(芋観音)

  
住所:金沢区富岡東3丁目23−21

一言:富岡総合公園の裏手にある。
冬でも枯れることのない霊芋の生えた池があり、その池の中から現れた観音さまという伝えがある。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

富岡東三丁目 長昌寺 布袋尊
長昌寺(布袋尊)

  
住所:金沢区富岡東3丁目23−21

一言:富岡総合公園の裏手にある。
横浜金沢七福神の布袋尊である。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

瀬戸 泥牛庵
泥牛庵

  
住所:金沢区瀬戸11−15

一言:金沢八景駅近くの円覚寺派の古刹。
茅葺の山門が見事。山門の脇には、潮風で摩滅した石仏が時のはかなさを物語る。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

龍華寺

  
住所:金沢区洲崎9-31

一言:京都・仁和寺を本山とする金沢八景駅近くの真言宗御室派の古刹。源頼朝が瀬戸神社の別当寺院として建立した浄願寺がそのはじまりとされ、その歴史は文治五年(1189年)にまでさかのぼる。
住宅街の中に鎮座する明るく開けたお寺で、散策すると気持ちの良いお寺である。
御朱印は庫裏で頂いた。


http://ryugeji.com/

▲このページのTOPへ▲

龍華寺(大黒天)

  
住所:金沢区洲崎9-31

一言:京都・仁和寺を本山とする金沢八景駅近くの真言宗御室派の古刹。源頼朝が瀬戸神社の別当寺院として建立した浄願寺がそのはじまりとされ、その歴史は文治五年(1189年)にまでさかのぼる。
住宅街の中に鎮座する明るく開けたお寺で、散策すると気持ちの良いお寺である。
御朱印は庫裏で頂いた。


http://ryugeji.com/

▲このページのTOPへ▲
▼港北区
歓成院(十一面観音)

  
住所:港北区大倉山2-8-7

一言:高野山真言宗。バス停「観音前」が目印。
永禄3年(1560年)開基であるから、戦国時代よりの歴史を持つ。
幼稚園が併設され、常に笑い声が絶えない。
旧小机領三十三所観音霊場十二番、 新四国東国八十八所二十三番。
御朱印は庫裏で頂いた。

http://kanjoin-okurayamaasoka.com/


▲このページのTOPへ▲
歓成院(薬師如来)

  
住所:港北区大倉山2-8-7

一言:高野山真言宗。バス停「観音前」が目印。
永禄3年(1560年)開基であるから、戦国時代よりの歴史を持つ。
幼稚園が併設され、常に笑い声が絶えない。
旧小机領三十三所観音霊場十二番、 新四国東国八十八所二十三番。
御朱印は庫裏で頂いた。

http://kanjoin-okurayamaasoka.com/


▲このページのTOPへ▲
菊名一丁目 菊名池公園内 菊名池弁財天
菊名池弁財天

  
住所:港北区菊名1丁目8−1 菊名池公園

一言:横浜七福神の弁財天。
普段は無人の祠である。
御朱印は横浜市港北区篠原東3丁目1−4のみどりや陶器店で頂く事ができるが、事前に電話で確認する必要がある。
みどりや陶器店 045-421-5949



▲このページのTOPへ▲


興禅寺

  
住所:港北区高田町1799

一言:横浜七福神の福禄寿。
文徳天皇仁寿3年、天台座主慈覚大師により創建された古刹。
福禄寿神は、徳川中期中興の住職によって祭られたもので、福徳の守護神として地域の信仰を集めている。
御朱印は寺務所でいただいた。


▲このページのTOPへ▲

金蔵寺(日吉不動尊)

  
住所:港北区日吉本町2-41-2

一言:関東三十六不動、武相二十八不動、横浜七福神など多くの札所となっている。この御朱印は、そのうちの関東三十六不動のもの。
手水舎や、奥の院弁天堂などが豪華絢爛なのが印象的。
御朱印は本堂横の庫裏でいただいた。


▲このページのTOPへ▲


金蔵寺(日吉不動尊)

  
住所:港北区日吉本町2-41-2

一言:上記御朱印についてくる、御影。
御朱印とともに本堂横の庫裏でいただいた。


▲このページのTOPへ▲


新羽町 西方寺
西方寺


住所:港北区新羽町2586

一言:横浜七福神の恵比寿大神をはじめ、いろいろな札所になっている。
裏山と茅葺屋根の調和が美しい。
御朱印は庫裏で頂いた。

http://www.saihohji.com/

▲このページのTOPへ▲

篠原町 篠原八幡神社
篠原八幡神社

  
住所:港北区篠原町2736−15

一言:新横浜駅から徒歩10分。
篠原地区の氏神として、地域住民から愛されている。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

新羽町 杉山神社
杉山神社

  
住所:港北区新羽町2576

一言:新羽地区に多く点在する杉山神社。
皇室との深いかかわりが見て取れる。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

新羽町 専念寺
専念寺

  
住所:港北区新羽町1578

一言:慶長6年(1601)開基。
かつてはボケ園が有名であったが、今はどうなっているだろうか。
新羽の代表的な檀家寺のひとつ。
小机領三十三観音霊場のひとつ。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

長光寺

  
住所:港北区大曽根台13-23

一言:高野山真言宗。
大都会の喧騒を忘れることができる、静かなお寺である。
地元の方のための檀家寺。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
東照寺

  
住所:港北区綱島西1-13-15

一言:曹洞宗。東横線綱島駅からほど近い割には都会の喧騒から離れた静かで落ち着いたお寺である。
創建は慶安2年(1649年)で、薩摩島津藩から篤く信仰されていたお寺である。
御朱印は庫裏で頂いた。


http://heartland.geocities.jp/soutousyu_tousyouji/

▲このページのTOPへ▲
法華寺

  
住所:港北区師岡町1168

一言:正式名称は熊野山全寿院法華寺。
神亀元年(724年)、全寿という僧により開創され、元々は熊野神社と一体であった。明治の廃仏毀釈により分離され荒廃したが、信徒の手により復興される。
境内はすがすがしく静かな、よいお寺である。
御朱印は庫裏で頂いた。



▲このページのTOPへ▲

菊名二丁目 妙蓮寺
妙蓮寺

  
住所:港北区菊名2丁目1−5

一言:東京都大田区・池上本門寺の末寺。
御朱印は庫裏で頂いた。


http://www.myorenji.jp/

▲このページのTOPへ▲

師岡熊野神社

  
住所:港北区師岡町1137

一言:神亀元年(西暦724年)開創。雨乞い神事の伝説やいのちの池の伝承が残り歴史が古いだけではなく、御神紋の八咫烏(やたがらす)にあやかりサッカー日本代表のお守りなども売られている。
御朱印は御朱印所で頂いた。


http://www.kumanojinja.or.jp/

▲このページのTOPへ▲
▼港南区
浄念寺

  
住所:港南区野庭町1843

一言:一見して横浜市とは思えない、のどかな光景の広がる地にある。開山して450年を数える歴史のあるお寺。地域で愛される檀家寺でもある。
御朱印は庫裏で頂いた。

http://yokohama1555joonenji.com/

▲このページのTOPへ▲



日野中央1丁目 善光寺
善光寺

  
住所:港南区日野中央1丁目12−9

一言:日野公園墓地のすぐ脇にある。
御朱印は庫裏で頂いた。

http://www.zenkouji.net/

▲このページのTOPへ▲



貞昌院

  
住所:港南区上永谷5-1-3

一言:足利時代以前には宿坊として栄えたが廃絶され、天正十年(1582年)に再建されたのが現在の貞昌院である。鐘楼の鐘の下には京浜急行で使われていたレールが飾られている。
横浜市営地下鉄上永谷駅すぐそば。
御朱印は庫裡で頂いた。

http://teishoin.net/

▲このページのTOPへ▲



永谷天満宮

  
住所:港南区上永谷5-1-5

一言:横浜市営地下鉄上永谷駅すぐそば。祭神は菅原道真。自ら彫ったとされる道真公3体のうち1体を御神体とする。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲



福聚院(本尊薬師如来)

  
住所:港南区港南1丁目3−2

一言:上大岡駅近く、高野山真言宗の檀家寺。ご住職には実に優しくしていただき感謝の限り。東国八八カ所のうち第六十七番。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲



福聚院(如意輪観世音)

  
住所:港南区港南1丁目3−2

一言:上大岡駅近く、高野山真言宗の檀家寺。ご住職には実に優しくしていただき感謝の限り。金澤三十四観音(休止中)のうち第二十七番。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲



日限山1丁目 福徳院(日限地蔵尊)
福徳院

  
住所:港南区日限山1丁目67−30

一言:日限地蔵尊の愛称で愛されている。
御朱印は御朱印所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼栄区
思金神社

  
住所:栄区上郷町745-1

一言:「おもいかねじんじゃ」と読む。横浜市としては珍しく人里離れた山あいにひっそりと鎮座する。「願いがかなう階段」を上がると、開けた斜面に品格のある社殿があり眺めも良い。駐車場もなく近隣にコインパーキングもなく、少々訪れにくいかもしれないが、個人的にお気に入りの御朱印である。

御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

田谷町 定泉寺
定泉寺

  
住所:栄区田谷町1501

一言:田谷の洞窟と呼ばれる人工の洞窟を拝観する事ができるので有名である。総延長1キロの洞窟の通路の壁面や天井には曼荼羅、十八羅漢、刈萱道心の仏教説話などが彫られている。
お寺好きならば是非一度訪れたいものである。

御朱印は御朱印所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

笠間五丁目 法安寺
法安寺

  
住所:栄区笠間5丁目20−16

一言:浄土宗。笠間山智光院と号する。もと鎌倉光明寺の末寺で、本尊は阿弥陀如来。文安2年(1445年)持阿智光了専によって創建された。
一時衰退し、永正5年(1508年)再建されたと伝えられます。本堂はもと鎌倉建長寺の客殿を明治11年移築したものという。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

笠間五丁目 法安寺 こせき観音
福徳院(こせき観音)

  
住所:栄区笠間5丁目20−16‎

一言:上のお寺と同じ。鎌倉郡三十三観音霊場の札所であった。
弘法大師が石を爪で彫り上げたと伝えられる観音像があり、「こせき観音」と呼ばれる。
御朱印は庫裏で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼鶴見区
鶴見二丁目 総持寺
総持寺

  
住所:鶴見区鶴見2-1-1

一言:横浜市民なら誰でも知っている、と言っても過言ではない。
曹洞宗の大本山である。広大な敷地で、毎日数多くの修行僧が修行に励んでいる。
御朱印は御朱印所で頂いた。

http://www.sojiji.jp/

▲このページのTOPへ▲

鶴見中央一丁目 鶴見神社
鶴見神社

  
住所:鶴見区鶴見中央1丁目14−1

一言:鶴見駅から徒歩5分の場所にある。
境内はなかなか広く清浄感があふれている。
御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼戸塚区
相州春日神社

  
住所:戸塚区俣野町700

一言:今はなき大型遊園地・横浜ドリームランド建設の際に、奈良の春日大社から勧進した比較的新しい神社。
ならの春日大社から招いた鹿もおり、鹿せんべいも売られている。
御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼中区
羽衣町二丁目 厳島神社
厳島神社

  
住所:中区羽衣町2丁目7−1

一言:横浜弁天の名で親しまれている。
昔は桜木町駅近くの弁天橋の辺りにあったという。
御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

石川町四丁目 諏訪神社
諏訪神社

  
住所:中区石川町4丁目164

一言:元町商店街のすぐ裏手にあり、常に参拝客や観光客でにぎわっている。
御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

本牧和田 本牧神社
本牧神社

  
住所:中区本牧和田19

一言:横浜市内最大級とうたわれる社殿を誇る、実に立派で風格のある神社である。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.honmoku.or.jp/

▲このページのTOPへ▲

元町五丁目 厳島神社
元町厳島神社

  
住所:中区元町5丁目208

一言:観光地、元町商店街の中で赤い鳥居は実に目立つ。
珍しく御朱印にはアルファベットが使用されている。
御朱印は社務所で頂いた。


▲このページのTOPへ▲

▼西区
宮崎町 伊勢山皇大神宮
伊勢山皇大神宮

  
住所:西区宮崎町64

一言:横浜市民に愛されえる、横浜の総鎮守。
新年の初詣や結婚式はここで、という人も多い。境内は広くてすがすがしい。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.iseyama.jp/

▲このページのTOPへ▲

伊勢山皇大神宮(2枚目)

  
住所:西区宮崎町64

一言:横浜市民に愛されえる、横浜の総鎮守。
新年の初詣や結婚式はここで、という人も多い。境内は広くてすがすがしい。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.iseyama.jp/

▲このページのTOPへ▲

伊勢山皇大神宮(3枚目)

  
住所:西区宮崎町64

一言:横浜市民に愛されえる、横浜の総鎮守。
新年の初詣や結婚式はここで、という人も多い。境内は広くてすがすがしい。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.iseyama.jp/

▲このページのTOPへ▲

伊勢山皇大神宮(4枚目)

  
住所:西区宮崎町64

一言:横浜市民に愛されえる、横浜の総鎮守。
新年の初詣や結婚式はここで、という人も多い。境内は広くてすがすがしい。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.iseyama.jp/

▲このページのTOPへ▲

伊勢山皇大神宮(5枚目)

  
住所:西区宮崎町64

一言:横浜市民に愛されえる、横浜の総鎮守。
新年の初詣や結婚式はここで、という人も多い。境内は広くてすがすがしい。
御朱印は社務所で頂いた。

http://www.iseyama.jp/

▲このページのTOPへ▲

宮崎町 延命院(成田山横浜別院)
延命院

  
住所:西区宮崎町30

一言:きつい階段の上にある。
千葉県にある成田山新勝寺の横浜別院で、本尊の不動明王は横浜市民の篤い信仰心を集める。
御朱印は御朱印所で頂いた。

http://naritasan.jiin.com/

▲このページのTOPへ▲

宮崎町 延命院(成田山横浜別院)2枚目
延命院(2枚目)

  
住所:西区宮崎町30

一言:上の延命院の2枚目である。自由参加の護摩祈祷も毎日行われ、関東三十六不動霊場の札所にもなるなど、オープンなお寺である。
お札やお守りなどグッズも充実している。
御朱印は御朱印所で頂いた。

http://naritasan.jiin.com/

▲このページのTOPへ▲
延命院(3枚目)

  
住所:西区宮崎町30

一言:上の延命院の3枚目である。
時間等三十六不動第三番札所。自由参加の護摩祈祷も毎日行われ、関東三十六不動霊場の札所にもなるなど、オープンなお寺である。
お札やお守りなどグッズも充実している。
御朱印は御朱印所で頂いた。

http://naritasan.jiin.com/

▲このページのTOPへ▲
延命院(4枚目)

  
住所:西区宮崎町30

一言:上の延命院の3枚目である。
時間等三十六不動第三番札所。自由参加の護摩祈祷も毎日行われ、関東三十六不動霊場の札所にもなるなど、オープンなお寺である。
お札やお守りなどグッズも充実している。
御朱印は御朱印所で頂いた。

http://naritasan.jiin.com/

▲このページのTOPへ▲
延命院(御影)

  
住所:西区宮崎町30

一言:上の関東三十六不動の御朱印にセットで付いてきた。
両方とも御朱印所で頂いた。


http://naritasan.jiin.com/

▲このページのTOPへ▲
浅間神社


住所:西区浅間町1丁目19−10

一言:浅間町鎮守。袖すり山と呼ばれる丘の上に立地する。かつては境内に数多くの横穴古墳があったそうだ。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
▼保土ヶ谷区
正福院

住所:保土ケ谷区仏向町399

一言:和田町駅から徒歩10分。曹洞宗。地元の方のための檀家寺である。御朱印が書きあがるまで、境内の六角堂で待たせていただいた。

御朱印は庫裏でお願いした。



▲このページのTOPへ▲
真福寺(和田不動尊)

住所:保土ケ谷区和田2-8-3

一言:和田町駅から徒歩5分。関東三十六不動四番札所。四国八十八箇所・坂東三十三箇所・秩父三十四箇所などの霊場の砂を埋めた参道がある。
御朱印は本堂で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
真福寺(和田不動尊)(御影)

住所:保土ケ谷区和田2-8-3

一言:和田町駅から徒歩5分。関東三十六不動四番札所。四国八十八箇所・坂東三十三箇所・秩父三十四箇所などの霊場の砂を埋めた参道がある。
関東三十六不動の御朱印にセットで付いてきた。
両方とも本堂で頂いた。


▲このページのTOPへ▲
橘樹神社

住所:保土ケ谷区天王町1丁目8−12

一言:「たちばなじんじゃ」と読む。境内の神田不動尊は元々違う場所にあったが、たたりが頻発したのでこの境内に移築され、それ以降はたたりは無くなったという。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
法性寺

住所:保土ケ谷区星川2丁目8−18

一言:星川駅近くの日蓮宗のお寺。広大な敷地はよく整備されていて清々しい。本堂は近代的である。
御朱印は寺務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
▼緑区
王子神社

住所:緑区長津田7丁目5-34

一言:長津田駅南口、徒歩7分。徳川家康公の旗本岡野氏が創建した西暦1600年から始まる歴史ある神社。鳥居脇のモミの古木は必見。長津田総鎮守で七五三の時期はたいへんにぎわう。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
随流院

住所:緑区長津田5丁目4−3

一言:長津田駅の南口を出てすぐのところにあるこぢんまりとしたお寺。保育園が併設されている。奥まった所にあり入りづらい雰囲気があるが、きちんと札所になっているので親切に応対してくださった。
御朱印は本堂で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
大林寺

住所:緑区長津田6丁目6−24

一言:長津田駅の南口を出て徒歩5分。大きくて立派なお寺で整備も行き届いている。御朱印を頂き、本堂でお参りをさせていただいた。
御朱印は庫裡で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
長泉寺

住所:緑区中山町732

一言:小机三十三観音霊場の第三十番。境内に昔の大砲や砲弾などが奉納されていた。地元の人に愛される檀家寺である。
木食僧(遊行僧)である観正上人による開基とされる。
御朱印は庫裡で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
▼南区
吉祥寺

  
住所:南区大岡1-6-1

一言:階段を登り門をくぐるとこぢんまりとした本堂と庫裡が見える。本尊は大日如来。天保十三年以降、一時期は荒廃を極めたというが現在は再興されている。
御朱印は庫裡で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
真金町 大鷲神社
金刀比羅大鷲神社

  
住所:南区真金町1-3

一言:「こんぴらおおとりじんじゃ」と読む。
毎年11月の酉の日には、酉の市で大変な賑わいを見せる。
この辺りはかつて遊郭であり、今でも独特の雰囲気が残る。
御朱印は社務所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
弘明寺町 弘明寺
弘明寺

  
住所:南区弘明寺町267

一言:「ぐみょうじ」と読む。本尊の十一面観音像は国の重要文化財。
坂東三十三箇所霊場の札所であり、駅の名前の由来ともなっている。
御朱印は御朱印所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
弘明寺(2枚目)

  
住所:南区弘明寺町267

一言:「ぐみょうじ」と読む。本尊の十一面観音像は国の重要文化財。
坂東三十三箇所霊場の札所であり、駅の名前の由来ともなっている。
御朱印は御朱印所で頂いた。



▲このページのTOPへ▲
勝國寺

  
住所:南区蒔田932

一言:蒔田駅徒歩5分。「蒔田館」と呼ばれる城郭を持つ領主・吉良氏の菩提寺として建立され、今でも吉良氏の墓所が残る。背後に緑濃い丘陵を控えた静かで趣のあるお寺である。
御朱印は庫裡で頂いた。

▲このページのTOPへ▲
日枝町 お三の宮日枝神社
日枝神社

  
住所:南区山王町5丁目32

一言:「ひえじんじゃ」と読む。この辺りを埋め立てて新田開発する際に人柱となったお三という女性が由来となり、お三の宮と呼ばれるのだとか。
「山王宮」がなまって「さんのみや」になったという説もあり。
御朱印は社務所で頂いた。

▲このページのTOPへ▲
 





トップへもどる