★韓国33観音巡礼記★このサイトのトップへ


第4番 修徳寺(平成26年8月27日~9月1日)
4、ソウル市内観光


さて、実質の最終日となった8月31日。時間が惜しいので朝早くに起きて、ソウル市内を徘徊してみました。
今回のお目当ては、ソウルナビで見て気になっていたソウル中央市場。

ソウルナビの記事では実に豪華絢爛、見ているだけで楽しい感じが醸し出されています。
ソウルナビの記事→ http://www.seoulnavi.com/shop/754/

場所も東大門市場からごく近く。いつもの行動範囲内です。
さっそく見に行ってみましたが・・・

日曜だったからか? ほとんどのお店が閉まっていて、電気も消えておりひっそりと静まり返っていました。

  

  


なんか拍子抜けしつつも、一通り一周したらお腹が空いたので、美味しいお店がないか探してみる事にしましょう^^
ぶらぶらしていたら、さっそく美味しそうなお店が^^^^^^^

  


このお店はカムジャタンのお店です。
カムジャタンとは、肉がたっぷり着いた豚の背骨を煮込んで、トウガラシやゴマやみそなどで味付けをしたもの。
通常2人以上で食べる鍋料理なのですが、おひとり様には「ピョヘジャ」という一人用のカムジャタンがある店が多いです。
これ、みうけんの大好物なんです^^

・・・というわけで、「ピョヘジャ」という一人用のカムジャタンをごちゅうもーん^^
マウスを画像の上に載せると、肉がアップされます^^

    

ぐつぐつ沸騰したアツアツ旨辛のスープ、たっぷりの肉と野菜、やわらかくて美味しい白米。
あぁ、シアワセ^^

お腹いっぱいになってところで、トンミョのガラクタ市を少しだけ徘徊。
ここもみうけんが大好きなスポットです。実にいろいろな物が雑多に並べられて売られています。

  

  


さて、そんなこんなで数時間歩き回って小腹も空いてきたところで、こないだホルモンを食った姉さんと、別の女友達一人とお昼です。
の女友達は年下の女の子ですが、妹ではなく親友。韓国はこのあたりの区別がなかなか難しい。

新村へ移動し、部隊鍋を食べに来ました。
部隊鍋は韓国語でプテチゲといいます。韓国が貧しかった朝鮮戦争前後のころ、米軍から放出されたハムやソーセージと、入手も保存も簡便だったインスタントラーメンで作られた当時の軍隊食です。
今では誰でも食べる事が出来ますが、当時はぜいたく品だったとか??

まずは数種のおつまみ。
ビールで乾杯!!

  


これが部隊鍋。煮込む前はこんな感じです。
肉、ハム、もやし、ットク(もち)、ソーセージなど。どれも安い材料ですねw
安くてお腹いっぱいになるので学生に人気のあるメニューだというのもうなずけます。

  


スープを入れてグツグツ煮込むと、底の方に仕込まれた味噌が溶けてどんどん韓国料理らしくなってきますw
見た目はアレだし値段も安いのですが、けっこう美味しくてあっという間に完食してしまいました^^

  


この後、姉さんと女友達はお茶をしに行きましたが自分は約束があったのでバイバイして、待ち合わせ場所の63ビルディングへ。
63ビルディングはソウルの西方、汝矣島(ヨイド)と呼ばれる巨大な中州にあるソウルの名所中の名所。
1985年に完成したタワーで地上60階地下3階、高さは海抜264m(横浜ランドマークタワーより30m低い)を誇り、中には展望台はもちろん、水族館や立体映像が楽しめるIMAXシアター、フードコート、高級ビュッフェレストランなどがたくさん入っており観光やデートコースの定番となっています。

  


今回も水族館を見てみました^^
前回のコエックスよりはさすがに小さいのですが、見ごたえはじゅうぶん!!
魚だけではなく、小鳥や小動物もいました^^

  


63ビルディング展望台から眺めるソウルの街並み。
漢江(ハンガン)沿いを中心に、どこまでも街が続いています。

  


下の川辺にはたくさんの人がスポーツやピクニックなど、思い思いに楽しんでいました。
「見ろ、人がゴミのようだ!!」と思わず叫びたくなる瞬間でした。

  


夕食は漢江沿いのビアホールにて、軽くチメク。チキンとメクチュ(ビール)です。
漢江の風に吹かれて飲む夏のビールは最高にうまい!!
ここは妹が良い店を調べて連れていってくれました。本当に感謝!!

  


一通りしゃべくってお酒も飲んで、バイバイしてからは軽くヨンドゥンポの街を徘徊。最後の晩ですもの。
おとなしくホテルで寝るわけがない。

  

  

こうして韓国で最後の晩は更けていくのでした・・・


さて、これからどんな冒険が待ち受けているのか?
もう少し旅は続きます^^

5日目へ