★韓国33観音巡礼記★このサイトのトップへ
第5番「麻谷寺」、第6番「法住寺」、第25番「梵魚寺」、第17番「桐華寺」
(平成26年10月14日~10月25日)


9日目、平成26年10月22日(水)後半
チャガルチ市場を見学、夕飯に冷やし豚足。夜はバスでテグの街へ

旅も9日目 の午後。午前中は龍宮寺を見てお昼を食べたので、午後から少し釜山市内をブラブラしてみましょうか^^
お昼を一緒に食べた妹のすすめで、とりあえず海鮮物で有名なチャガルチ市場に来てみました^^

  


チャガルチ市場は釜山市の中心部でも海沿いの方にあり、主に海産物を専門に扱うお店がひしめく、韓国ではもっとも名の知れた市場のひとつです^^

  


道端では、実にいろんな魚が売られています。
いきなりカジキ?のような魚とサメが道路に横たえてあってビックリしました。

   


実にいろんな魚が売られています。しかもみんな安い!! こんな大きな魚が1カゴ500円程度だったりします。
魚好きにはたまらないわ~^^

  


種類も豊富。
つるされた一夜干しの魚、新鮮な太刀魚があるかと思えば。。。

  


こちらは鍋の具材セット。ちょっと写真がぼやけましたが、イイダコやエビ、貝などが盛り合わせになってます。
これで300円くらいですってよ、奥さん!!

  


こちらは元気の良い活きタコさん^^
たまに脱走しては、お店のおばちゃんに捕まって、また桶の中に叩きこまれてましたw

  


魚をイケスで飼って、注文に応じてさばいてくれる刺身屋さんもたくさん軒を連ねています。
一人なのが実にうらめしい。(一人じゃ食べきれない)

  


イケスにも色んな魚がいるわけです。右下のクネクネは、釜山名物のヌタウナギ。精力増強の定番で、焼いたり鍋に入れたりして食べます^^
その上には、今回もありました。韓国名物、全滅したイケス!!w

  


いろいろな魚介類が売られているのはもちろんですが・・・

  


こちらは寝具売り場。ちょっと写真がブレてしまった^^;;

  


こちらはナツメ、栗、ピーナツなど。

  


野菜もいろいろ売られています。
いつも思うけど、こんなに並べて売りきれるのかな?

  


店番のモンモンイ(わんこ)。どことなく退屈そうですね^^

  


少し離れると、軽食を食べられる屋台も充実しています^^
でも今回はお腹がいっぱいだったので写真だけ^^

  

  


途中、街中でお寺を発見。観光地でも何でもない地元のお寺ですが、なんとなく入ってみました^^

  


ここでも熱心な信者たちが、熱心に祈りを捧げていました。
日本ではお葬式とお墓参りくらいでしかお寺には行かないという人も多いでしょうけれど、この国は生活の中に信仰が根付いている人も多いようです。
自分も末席に加えて頂き、静かに祈りを捧げてまいりました^^

  


さて、一通り見学を済ませまして・・・
ちょっと肌寒かったので、風邪など引かないようにチムジルバンというスパへ、体を温めにきました^^

  


大浴場で入浴しホカホカになったところで、チムジルバンという休憩室&サウナでゴロゴロ。
けっこう爆睡してしまいましたw (場所が場所だけにお風呂場の写真はありません)

  


時間もほどよくつぶせたので、お昼を一緒に食べた妹と待ち合わせ。
夕飯を食べに参りました^^ ここは地元でもかなり有名なお店、「私の愛する豚足」^^

  


店内はけっこうな数のお客さんでにぎわっています。
釜山中心部だけあり、たくさんの人が集まってくるようです^^

  


まずは、無料のつきだしと焼酎!! 黄色いのはケランチムといって、韓国風茶碗蒸しです。
これ大好き!!

  


出てきたメイン、ネンチェチョッパル!!
そして、いろいろなオカズ、さらに焼酎。とりあえず2人で写真撮影です^^

  


チョッパルという豚足料理を、辛子のタレと野菜で和えた冷たい料理。
焼酎がすすむ!すすむ!!

  


そのまま食べても良し、野菜で巻いて食べてもよし^^
韓国料理はなんだかんだ言って野菜がたくさんとれるのが嬉しいですねー^^

  


二人でお腹いっぱい食べて、そのあとバーで飲みなおしたり公園で話したりして、なかなか楽しい時間を過ごしたのでした^^

本当はもっとずっといたかったけど、遊んでばっかりもいられないのでねぇ。
また一緒に遊ぼうねと笑顔で別れ、いちおう女性なので家まで送って、それから再度高速バスターミナルへ。

  


券売機もあり、窓口もあります。
ここも韓国語オンリー。ここで東大邱(トンテグ)行きのバスのチケットを購入!!

  


これがバスのチケットです。
東大邱まで9700ウォン。距離にして65kmくらいといったところ。
まぁ確実に座っていけるので、この値段で良しとしなければ。

  


乗車したのはこのバスです。
バスの上の看板に注意して、行き先を間違えないように気を付けよう!!

  


深夜の街。
何度見ても、韓国の夜の街は大好きです。一生住んでも良いかと思うくらい。
でも実際に韓国で働いて食っていくのは大変ですが・・・

  


なんとか東大邱へ到着です。
やっぱり街ですね。けっこうにぎやか。
日本と違い、どんな地方都市に行っても眠らない街といった感じがします。

  


うろうろして、場末感たっぷりな「旅館」を発見。
一泊15000ウォン!!やすーい。名前こそ旅館ですが、実際はさらにランクが下の「旅人宿」とも思われます。

  


韓国の宿泊施設はランクがあり、高い順からホテル(これも高級ホテルから安ホテルまである)→モーテル(日本でいうラブホだが家族連れなどでも利用可能)→旅館(パークという名前の所もある)→旅人宿、ゲストハウスという順になっています。
値段と設備は比例しており、ここは下から2番目クラス。
まぁ、日本人の観光客はめったに来ないでしょうね^^;

廊下は薄暗くて、歩くとミシミシ音がします。

  


でも、思ったより清潔な部屋!!(みうけん的に)
 
  


布団はじかに敷いてあります。
枕は2つ。

  


お風呂も清潔ですが、なかなかお湯が出なくて四苦八苦しましたw

  

ここで熱いシャワーを浴び、お風呂もゆっくり入って、買いこんだビールを飲んで深い眠りについたのでした。





10日目前半へ(現在制作中です)