×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★韓国33観音巡礼記★このサイトのトップへ
第5番「麻谷寺」、第6番「法住寺」、第25番「梵魚寺」、第17番「桐華寺」
(平成26年10月14日~10月25日)


2日目、平成26年10月15日(水)第2部
麻谷寺を出発、公洲ターミナルでバスを乗り換え大田市散策と宿泊

さて、無事に麻谷寺の参拝を終え、次の目的地である大田市に向かいます。
大田(テジョン)は韓国中西部の都市。ここには残念ながら知り合いはいません。

位置的には、ここかな。

  


麻谷寺から再度バスに乗り、行きに通った公洲バスターミナルへ向かいます。
このハンドルカバーとシフトノブカバーを見てると、むしょ~~にイクラが食べたくなる!!

  


1時間もかからないうちに公洲バスターミナルに到着。ここで大田行のバスチケットを買いなおします。

  


何しろ窓口は嫌いなので、左端にある自動券売機でじっくりとお買い上げ。
無事に買うことが出来ました。市外バス、公洲~大田まで4400ウォン(440円くらい)。やすーい!!

  


行き先に注意して乗り込みます。

  


大田といっても西大田バスターミナルに到着しました。大田駅まで再度路線バスで移動し、少し時間が余ったので駅近くの中央市場を見学です^^

  


入るやいなや、大田市民の胃袋を満たしまくりです。
けっこう魅かれたが、ここでお腹を満たすと中途半端なので我慢!!

  


野菜コーナー。どれもこれも安いんですよね。

  


ここは魚。大量のサバ、あんこうなど。

  


そして韓国の民族衣装、チマチョゴリ。
色合いが綺麗です!!

  


トイレで見つけた、面白い看板。
「このドアを出ればお客様とお会いする空間です」
「幸せな一日のため、私は今日、どんな表情を選びますか?」
個人的に、左側も色っぽくて好きなんだがw

  


・・・と書いていて、正直ソウルをはじめ色んな都市で市場を見まくっているせいで、最近は全然感動がないのです。
当然写真も写さなくなるわけで・・・ そこで、試しに動画を3本ほど、歩き撮りしてみました!!
 
  
  
    

  


どうでしょうか、活気のある雰囲気が少しでも伝わったでしょうか^^?
そうは言ってもけっこう歩いたし夜も更けてきたので、ここらで夕飯としましょうかね^^

美味しそうなカムジャタン屋さんを発見^^
カムジャタンは、肉のたくさんついた豚の背骨をグツグツ煮込んでトウガラシ、ごま、みそなどで味付けをしたみうけんの大好物。

  


本来は2人以上で食べる料理なんですが、おひとり様用に「ピョヘジャ」と言うものがあるので、それを注文^^
なんと破格の6000ウォン(600円くらい)!! 焼酎3000ウォン(300円くらい)足しても1000円いかない。やすーい!
下の画像の上にマウスポインタを置いてみましょう^^

  


たっぷりのお肉、旨辛のスープ、おいしいオカズ。
もう、ご飯が進む進む!!

お腹もいっぱいとなったので、翌日の出発点となる「大田複合ターミナル」にやってきました。
この中も色々ショッピングモールとか入ってるっぽいけど、もう見るのもお腹いっぱいだったので今回は素通りです^^;

  


この裏手にたくさんのモーテルがあります。
日本ではラブホテルはカップル用ですが、韓国のモーテルはそんなことは無く、一人ではもちろん、家族連れや男同士でもオッケーだったりします。

  


少しウロウロして、ちょっと裏手に安そうなところを発見。
値段を聞いたら3万ウォン(3000円くらい)。
受付のババ様に「泊まるからさぁ~、ちょっとまけて~ん。おねぇさ~ん」と言ってみたら2万5千ウォンになったw
韓国では、なんでも言ってみるもんだね^^

  


中はけっこう良い部屋だぞ!! これなら一泊の宿としては充分すぎるでしょう。

  


ふと見るとタバンのマッチが・・・
タバン、直訳すると喫茶店ですが・・・ コーヒーの出前を頼むと、もれなく綺麗な?お姉さんが付いてくるらしいw
「ハンチョンタバン」という店舗名の下には「お茶と身の回りの世話を同時に!」って書いてあります。
身の回りの世話って・・・ 掃除、洗濯とかではないんでしょうね、やっぱ。

韓国で喫茶店=タバンというと、性風俗がらみのいかがわしい出張喫茶店の事を指します。普通の喫茶店はコーヒーショップやカフェって言います。
でも、辞書で喫茶店を調べるとタバンが載っている事が多いです。
間違えても好きな女の子に「タバン行こうか?」なんて言ってはいけません^^;;

  


コンビニで買っておいたビールとゆで卵で晩酌をし、韓国のニュースを見ながら、いつしか深い眠りについたのでした。

  

今回の旅はまだまだ続きます。
翌日、第3日目は第六番の「法住寺」へ向かいます。

否が応でも期待が高まります^^



3日目へ