★関東三十六不動巡礼記 第八番★
高尾山 有喜寺 薬王院(高尾山不動尊)★


関東三十六不動巡りの旅も、いよいよ東京都へ。
東京都の道場は神奈川の「発心の道場」に続き、「修行の道場」と呼ばれています。
紅葉の名称としても知られる八王子・高尾山にある、薬王院が今回の霊場となります。



大きな地図で見る

ここに、高尾山薬王院の簡単な沿革を記しておきます。
 正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により行基により開山されました。
薬王院の名は当初は薬師如来を本尊とした事に由来し、現在は真言宗智山派の大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が三大本山として有名です。
知られております。
 永和年間(1375)には京都より俊源大徳が入山し八千枚の護摩供養秘法の後、今のご本尊「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」を奉祀し中興されました。戦国期、飯縄大権現は戦国武将の守護神として信仰を集め、上杉謙信や武田信玄の兜表にも奉られ、また北条家の手厚い保護も受け江戸期に入ると徳川家(特に紀州家)との仏縁により隆盛をむかえます。
 古来、高尾山は修験道の聖地とされ、修験道を修める人のことを山に臥し野に臥しながら修行することから「山伏」と呼ぶようになりました。高尾山には、今もなお「琵琶滝」と「蛇滝」の二つの滝を筆頭に滝修業の道場として、一般の方からも崇敬を集めているとのことです。


さて、では実際に上ってみましょう。京王線の高尾山口駅からケーブルカーに乗り換えます。

  


こちらがケーブルカーの駅。山小屋のような雰囲気です。天然木の駅名看板がカッコいい。
  
  


途中、なかなか風情があったりします。駅から薬王院まで15分くらい歩きます。

  


紅葉も真っ盛りでした。周囲の方々ももみじ狩りに来た方ばかりです。

  


途中で見つけた「タコ杉」と呼ばれる杉の木。根っこが確かにタコの足のようです。

  


この参道は杉の並木もあり、今でも信心深い方からの杉の奉納が続いています。
ある程度奉納した方のお名前が、こんなに!!

  


いよいよ、山門に到着!! 紅葉に包まれた豪華絢爛な山門です^^

  


境内には、一回転させるといろんな罪を悔い改めたことにするクルマや、天狗の銅像などが並んでいます。

  


さらに、資材を寄付した方の記念碑も・・・

  


そんな名所を見ながらも、本堂にお参りを済ませました。奥の不動堂もお参りをすませました^^

  


境内の片隅にある稲荷さん。

  


稲荷堂の中には、見事なまでに整然と並んだお稲荷さまが^^

  


実に見事な紅葉が、高尾の山を彩ります。

  


山門ちかくの御朱印所で、御朱印を頂きました^^

  


こちらは御影です^^

  


こちらは御本尊さま^^ 関東三十六不動と、ちょっと違います^^

  


さて、高尾山を下りる途中でちょっと小腹がすいたので、権現茶屋へ^^

  


ごばだんごを頂きました。300円。
ゴマの香り高く、焼き立てで香ばしくておいしい!!

  


そのまま西八王子へ移動。八王子は八王子はラーメン激戦区なり。この日は赤べこでチャーシューメンを頂きました^^
ダシは効いているし、チャーシューは柔らかいし、麺もコシがあってうまい^^

  


さて、西八王子では知る人ぞ知る了法寺へ^^
このお寺は八王子七福神の弁財天担当です。そして、なぜか萌え寺としても有名ですw

  


お寺自体は、いたって普通なんですが・・・w

  


窓口があり、その周囲には萌えグッツがたくさん売られていますw

  


絵馬も一味ちがいます^^; 何をお願いしてるのか???な絵馬も多い。

  

  


こちらが了法寺の御朱印です^^

  

  

そのまま歩いて、日蓮宗・善龍寺へ^^

  


善龍寺の御朱印です^^

  

  


さらにそのまま歩いて、曹洞宗・信松院へ^^

  


信松院でも御朱印を頂きました^^

  

  


さらに、近所の金剛院へ^^

  


金剛院の御朱印です^^

  

  

  

  


次は日蓮宗・本立寺です^^

  


本立寺でも頂きました^^

  

  


さらに、八王子成田山・傳法院へ^^

  


傳法院の御朱印です^^

  

  


最後に、八王子の総鎮守・八雲八幡神社でお参り^^

  


こちらの御朱印はスタンプでした^^

  



これで歩いて八王子の駅へ戻り、大満足で帰途についたのでした^^

今日は本当にたくさんの御朱印を頂いて、充実した旅を満喫してまいりました^^
また、時間とお小遣いの許すかぎりで色んなお寺や神社とご縁を結んでいきたいと思います^^


高尾なる 緑もふかき 法の山
  飯縄の御威 永遠に変わらじ


トップへもどる